不思議体験記Fromカナダ

身の回りで起こった不思議体験や日々感じたことをのんびり綴ってます

ソウルメイト

f:id:kanon-healer:20200813030044j:plain

 

 

私達の人生の中で出会う人達は皆

自分のソウルメイトであると

言われていますが、

その中でも自分と特に繋がりの深いと

感じる人って必ずいますよね。

あなたの最愛の恋人、伴侶であったり

または親友だったり親だったり

何故か魂レベルで深く繋がっていると

直感でそう感じる人です。

 

私が深い繋がりを感じるソウルメイトは

私の妹です。

私は昔から身体が弱かったため

周りの子供達に比べて身体が小さくて

小さい頃は3歳年下の妹とちょうど

同じくらいの体型だったので

どこに行ってもよく双子に間違われ

母親もそれを意識していたのか

私達はいつも色違いでお揃いの洋服を着て

外出されられ、まるで本物の双子のように

扱われ育てられました。

 

昔から内向的で引っ込み思案だった

私に対して妹はとても明るく物怖じしない

トムボーイ的な活発な女の子でした。

そんな対象的な私達なのに

何故だか驚くほど気が合って

幼い頃はそれなりに喧嘩も沢山したけど

今でも変わらずとっても仲の良い姉妹です。

そこには無条件の愛と誰よりも信頼出来る

絶対的な信頼関係があります。

 

他人と関わるより一人で居るのが気楽な

HSPである私にとって、それがたとえ

家族であっても誰かと一緒にいても

疲れない関係というのは

本当に珍しいことなんです。

 

そして大人になった今でも変わらず

人見知りで大人しめの性格の私に対して

常に皆に頼られる姉御肌の妹というように

まったく真逆のイメージなので

私達が姉妹である事を知ると

みんなに心底驚かれます(笑)

 

私が妹との繋がりの深さをはっきりと強く

認識したのは、前に退行催眠を試みた時に

私自身が前世どういう人物であったのかは

残念ながら分からなかったけれど

その代わり前世で私の妹が自分の娘だった

というイメージがはっきりと見えたのです。

 

私に向かってにっこり微笑んでいる

活発そうで元気な可愛い少女は

顔は違うけど紛れもなく私の妹だと

確信出来たのでした。

ビックリすると言うよりも、むしろ

凄く腑に落ちたのを覚えています。

あぁ、だから彼女と一緒にいて

こんなに心地よいんだ、と。

 

また私達のソウルメイトというのは

決して仲の良い関係のものばかりではなく

実は物凄く苦手な相手であったり

自分に対して何故かいつも嫌なことばかり

言う人だったりもします。

 

その渦中にいる間は見えにくいけれど

だいぶ時間が経った頃に振り返ってみると

彼らは私達にとって大切な学びを得る為の

とても重要なキーパーソンだったり

することが後々になって理解出来たり

するものです。

 

当時と違った視点でその相手から言われた

出来事を思い返してみると

なるほど自分にとって耳の痛い発言

だったからこそ

相手に対して嫌悪感を感じたり

相手から全力で逃げ出したい衝動に

駆られていたことに気付かされるのです。

 

とはいえ、今考えてもやっぱり苦手な人だな..

って思ってしまいますけどね(笑)